最高の作業&ゲーム環境を作るために必要なお勧めの製品を紹介!

YURIES BLOG – yuublogをご覧頂きありがとうございます。

そして、いつも本ブログをご覧いただいている方、本当にありがとうございます!

今日は、私の作業・ゲーミング環境を紹介したいと思います。

最強の趣味部屋を求めて、私が実践したことや意識したことについて書きました。

最高の作業環境を求めている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

参考までに、私は登録者1万人を超える「YURIES」というチャンネルを運営しているYouTuberでもあります。

そして、私は普段WindowsとMacの両方を使用しているので、両方のOSを両立したいという方にも参考になる内容になっています。

本記事は下記の方向けの内容になっています。


  • 最高のゲーミング部屋を実現したい
  • 部屋のライトアップをしたいけど、やり方が分からない
  • お洒落な部屋作りをするための参考にしたい

それでは、順番に解説していきます。

最高のデスク環境に求めるものとは?

そもそも最高のデスク環境とは何か?

ちょっと考えてみることにします。

私のとって、最高のデスク環境の定義は、疲れにくく長時間快適に作業できる環境。

それでいて、ゲーミング環境と作業環境の共存を大切にしました。

作業をするにあたっては、集中しやすく長時間の作業でも疲れにくい、環境を作るということを最大限意識しました。

例えば、椅子は長時間座っても疲れにくく、少し仮眠ができるように倒して寝れるやつがいい。

デスクは、眠気が襲ってきた時に、立って作業ができるようにスタンディングデスクを選びました。

マウスやキーボードには、とにかく生産性を求めて、人間工学に基づいたデバイスを採用しました。

ディスプレイに関しても、ゲーミング用のものは240Hzまで出力でできるものを。

作業用のディスプレイは、IPSパネルを採用した、高精細のディスプレイを購入しました。

こんな感じでとにかく、生産性と使用感にこだわってデバイスを選定しました。

ゲーミング環境も意識したライトアップ

ゲーミングデバイスって、ピカピカ光るものが多く存在します。

ゲーミングマウスやキーボードは、とにかく光っています。

そんな、ゲーミングデバイスにありがちな「光」をテーマに、部屋の壁やデスク周りも光らせたかった。

ということで、LEDテープを貼って、デスク周りを光らせてみました。

アマゾンで安く購入できるLEDテープを購入して、デスクとモニターの裏側に貼ることで、デスク周辺を光らせることができました。

コストを抑えつつ、おしゃれなゲーミング環境を作ることができたと思っています。

写真のように、お部屋を光らせたい方には、下記のアマゾンで買えるLEDテープがお勧めなので、ぜひチェックしてみてください。

本当に導入して良かったモノたち

ここからは、私がデスク環境に実際に導入してみて、本当に良かったと思えるモノたちを取り上げていきたいと思います。

本当は、全て取り上げていきたいのですが、日が暮れそうなので、できるだけ厳選してご紹介していきたいと思います(笑)。

今後、デスク関連のモノたちは、動画にしたいと思うので、完成したら皆さんにシェアしていきます!

ぜひ、チャンネル登録をしてお待ちいただければ嬉しいです!

ここでは、下記のカテゴリーに分けてデバイスを紹介していきます。


  • キーボードとマウス
  • モニターとアーム
  • PCとタブレット
  • スピーカーとイヤホン等

それでは、順番に解説していきます。

キーボードとマウス

キーボードとマウスは、作業環境において、私たちの手足同様です。

だからこそ、選定には慎重になるべきだと思っています。

おすすめのキーボード

私が、導入しているキーボードは、「HHKB Hybrid Type – S」と「Apex Pro」です。

created by Rinker
¥36,850 (2022/06/26 11:35:58時点 楽天市場調べ-詳細)

作業用のキーボードとしては、ダントツで「HHKB Hybrid Type – S」です。

これについては、過去に詳しく記事で書いているので、よろしければ読んでみてください。

さらっとこのキーボードについて触れておくと、何文字書こうが全く疲れないキーボードです。

静電容量無接点方式というスイッチ方式を採用しているため、至高の打ち心地です。

[st-card myclass=”” id=”2122″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

「Apex Pro」に関しては、独自のオムニポイントスイッチというスイッチ方式を採用しており、キー入力から反応までの時間がかなり速いです。

現行販売されているゲーミングキーボードの中では、最速のキー入力反応速度を誇るので、反応速度が求めらるFPS等のゲームをプレイしている人にとって非常にお勧めです。

「Apex Pro」に関しても過去に記事で取り上げたので、詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

[st-card myclass=”” id=”2885″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

おすすめのマウス

私が、最高におすすめするマウスについては、作業環境としては「ロジクールMX EROG」、ゲーミング環境では「GPROワイヤレス」です。

「ロジクールMX ERGO」については、過去に記事にしていますので、詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

[st-card myclass=”” id=”2182″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

「ロジクールMX ERGO」を選定した理由は、トラックボールマウスであり、WindowsとMacの両方で使用することができるから。

私は、WindowsとMacを併用しています。

両方をシームレスにボタン一つで切り替えることができる、「ロジクールMX ERGO」は非常に便利です。

ゲーミング環境としての、お勧めのマウスは「GPROワイヤレス」です。

選定した理由は、多くのプロゲーマーが使用していること、何よりも非常に軽いという点で使用しています。

そして、「ロジクールPOWERPLAY」と併用することで、GPROをマウスパッドに置くだけで、充電することができます。

無線ワイヤレスであっても、充電切れを機にすることなく使用することができます。

モニターとアーム

たとえ、あなたがラップトップを使用していたとしても、モニターを導入するのは、非常におすすめです。

作業スペースの広さは正義です。

モニターにこだわり、そして、そのモニターを宙に浮かすことができるモニターアームも非常に便利です。

おすすめのモニター

ゲーミング用としては、「LG ゲーミングモニター UltraGear 27GN750-B」という27インチのモニターをお勧めします。

理由としては、240Hz対応で27インチのモニターという条件で、非常にコスパが良いからです。

作業用モニターとしては、「LG モニター ディスプレイ 27UL500-W」がおすすめです。

こちらも27インチで、かつ4K出力が可能なモニターになります。

特にゲーミング用途ではない限り、画面の綺麗さなどを重視すべきだと考え、27インチで4K対応のモニターを探してみて、この製品にたどり着きました。

もし、仮にあなたがMacBook、特にProを使用しているのなら、「LG モニター ディスプレイ 34WL75C-B 34インチ」をぜひ選んでもらいたい。

理由としては、ほぼMacBookのディスプレイと同じような試聴体験を得ることができるからです。

MacBook ProのRetinaディスプレイは非常に綺麗で、ついつい見惚れてしまうほどです。

「LG モニター ディスプレイ 34WL75C-B 34インチ」は、Retinaディスプレイと遜色なく使用することができます。

しかも、34インチで湾曲モニターなので、没入感がハンパないです!!!

少しお値段は張りますが、もし余裕があるなら、ぜひ導入してもらいたいです。

おすすめのモニターアーム

モニターを購入すると同時に、モニターアームを導入することをお勧めします。

モニターアームは、モニターを宙に浮かせることができます。

モニターが宙に浮くことで、デスクの上のスペースを広く使用することができます。

机の上のスペースを広く確保することができるので、生産性が非常に上がるので、ぜひ導入を検討してみてください。

私が、おすすめするモニターアームは下記の3つです。


  • ショッピングオールのモニターアーム
  • エルゴトロンのモニターアーム
  • アマゾンベーシックのモニターアーム

コスパを重視したいのなら、ショッピングオールのモニターアームがお勧めです。

安いのに、非常に頑丈で丈夫なモニターアームです。

しかも、デュアルタイプのモデルを購入しても、シングルモニター用として使用することができるます。

後々、デュアルモニターの環境を構築したくなったときに、損をしないで済みます。

過去にショッピングオールのモニターアームについての記事を書いたので、詳しくは下記をご覧ください。

[st-card myclass=”” id=”2916″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

PCとタブレット

ここでは、私がおすすめするPCとタブレットについてご紹介します。

PCについては、デスクトップとラップトップについて。

タブレットについては、IPadをお勧めします。

順番に解説します。

おすすめデスクトップ

私がゲーミングデスクトップとして、使用しているのは、数年前にドスパラさんで購入した「ガレリア XV」を使用しています。

ゲーミングデスクトップの購入を検討されている方は、ドスパラでの購入をおすすめします。

理由としては、圧倒的な老舗としての歴史と、手厚いサポートが充実していること、コスパに優れた高性能なPCが手に入る。

これまでに何度も、デスクトップを買い替えていますが、全てドスパラさんで購入しています。

タワー型のPCを購入することで、パーツの増設等を繰り返していけば、永遠と最先端のPCとして使用することができます。

ガレシア公式HP ⏩  https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_eval_graph_all.php?mode=1&mc=8494&lf=0

おすすめラップトップ

ラップトップも色々ありますが、私はダントツでお勧めしたい製品が、M1 チップ搭載のMacBook です。

クリエイティブな作業をしつつ、頻繁に重い3Dグラフィック作業をするような人以外は、M1 macbook airで十分です。

スペックに関しても、ノンカスタマイズモデル、いわゆる吊るしスペックで十分。

4kの動画編集も快適に行うことができて、かつバッテリー持ちはモンスター級で、何よリ軽い。

これほど最高のラップトップは、現状存在しないんじゃないかなと思えるくらいに最高のマシンです。

アマゾンでM1 MacBook Airをチェック!

おすすめのタブレット

タブレットに関しては、断然iPadがお勧めです。

もう、これ以外考えられません。

もし、あなたがiPhoneを持っているなら、なおさらiPadは選択肢に入れるべきです。

お勧めのモデルに関しては、iPad mini 6がお勧めです。

アマゾンでiPad mini 6をチェック!

以前、iPad Airとの比較記事を書いたので、詳しくは過去の記事をご覧いただけると嬉しいです。

[st-card myclass=”” id=”2930″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

おすすめのスピーカーとイヤホン

音楽を聴きながら、作業をすると非常に生産性が向上します。

私は、いつもSpotifyでジャズや環境音楽(川の音や雨の音)を聴きながら作業をしています。

こうして作業をしていると、気がつけば、数時間といったことはしばしばあります。

音楽を聴きながら、作業をすることは、非常に作業の質と生産性を上げてくれるので非常にお勧めです。

そんな音楽を聴くために必要なデバイスとして、イヤホンとスピーカがあります。

周りを気にせず音楽を流せる環境にあるなら、スピーカーがお勧めです。

カフェなど外出先などで、周りを気にせず音楽を聴きながら、作業をする場合は、イヤホンは必須と言えます。

スピーカーのお勧めは、「Anker Soundcore 3 」と「Bose Companion 2 Series III」です。

ankerについては、小型にもかかわらず非常に高音質で大音量、かつ防水機能に対応しているので、様々な状況で持ち出して使用することができます。

コンパクトなので、様々なシチュエーションで使用したいという方に、お勧めです。

boseに関しては、デスクトップやラップトップをモニターに繋いで作業をする際に、据え置きタイプのスピーカーとして使用する方に非常にお勧めです。

続いて、おすすめのイヤホンに関しては、有線なら「final (ファイナル) E500 カナル型」がお勧めです。

2千円という価格でありながら、音質と耐久性に優れているので、非常にお勧めです。

私自身、日々の作業でヘビーに使っている有線イヤホンです。

無線イヤホンに関しては、アップル製品を使っているなら、AirPods Proがおすすめ。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥26,600 (2022/06/26 11:36:03時点 Amazon調べ-詳細)

アップル製品を使用していないのなら、「EarFun Free Pro」がお勧めです。

6千円という価格ながら、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能や防水機能まで、

安いのに性能全部盛りという優れものです。

ガジェットにとことんこだわってみて思ったこと

単純に私はガジェットが大好きです。

YouTubeやブログの執筆など、お家で仕事をすることが多いので、デスク環境は妥協せずに揃えたいという気持ちがありました。

私にとって、ガジェットたちはいわば仕事道具に当たります。

仕事動画は絶対にケチらない、というのが私のモットーです。

どれも決して安い製品とは言えませんが、購入してみて結果的に非常に満足しています。

生産性も上がりましたし、何よりもデスクに座るのが楽しくなり、そして仕事が楽しくなる。

本当に良い好循環になっていると思います。

このご紹介したスタメンで、今後、少しでも不便だと感じる点が出てきたら、迷わずアップデートしていくつもりです。

まとめ

ここまでブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回は結構長くなってしまいました(笑)。

書いていて思ったのは、やっぱり自分はガジェットが好きなんだなと実感しました。

ガジェットについて書いていると、本当に楽しいし、何千文字でも書けそうな気がします。

そろそろ、やめないとちょっとした論文が出来そうなので、この辺で終わりたいお思います(笑)。

この記事が少しでも多くの、最高のデスク環境づくりを求める方々の参考になれば幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

ここまで読んでくれて本当にありがとうございました!

またね👋

最新情報をチェックしよう!

1st配信デビューシングル「5 letters」絶賛配信中!

6月11日より180カ国以上、SpotifyやApple Musicを始めとする55以上のストアで絶賛配信中!

CTR IMG